hidsgo's archive

hidsgoの旧い記録

London Eye ロンドン・アイ

ロンドン・アイ (London Eye)。ロンドン中心部、テムズ河畔にある観覧車。ビッグベン (Big Ben) の対岸で、旧市庁舎の横に位置する。1999年末に完成、2000年3月から営業を開始した。今でこそ誰もが知る観光スポットになったが、当初はミレニアム事業として数年間だけの催し物として計画された。けれども人気が高く常設されることになったのだった。

大型でガラス張りのカプセルがゆっくりと回り、乗客はロンドンの素晴らしい景色を360度楽しめる。

通常の観覧車は両側から支えられたホイールにカゴがぶらさがっているが、ロンドン・アイは片側だけからの支柱がホイールを支えているのが特徴。そしてホイールの回転とともに、ホイールに固定されているガラス張りカプセルを回転する。両側からホイールを支えたほうが観覧車の製作は楽だが、設計者はこのデザインに拘った。ホイールを支える回転軸は相当な荷重がかかるが、製作するメーカーを探し求めた結果、チェコシュコダ (Skoda) 社に依頼することになった。ホイールは、モーターがホイール底部のタイヤを回転させることにより、タイヤとの摩擦で回転する。

ロンドン・アイ製作のドキュメンタリ―番組を観たことがある。デザインを募ったとき、日本の会社が両側から支える案を提出したが、それは没にしたというくだりがあった。日本だったらデザインよりも費用や安全性のために両側案でよしとしてしまうかもしれないのに、あくまでデザインやアイデアに拘る、だから斬新で新しいものが生まれるんだなと思ったものだ。

London Eye はゆっくり回る。1周約30分かけてゆっくりゆっくり回る。これも英国っぽいなと思ったものだ。開業して少し経った頃、当時売り出し中の10代女性シンガーが、ラジオ番組でロンドン・アイについて、「もっと早く回ればいいのに」と言ったのには思わず笑った。まあそう思うかもしれないが、そこはゆったり構えるんだ。

片側から支えられたホイールとともに全面ガラス張りの大カプセルがゆっくり回る斬新なデザイン。すっかりロンドン名物として定着した。

 

以下の写真は2002年に撮ったもの。今は新しいビルなどが建ち景観は変わっているだろう。いつか新しい景観と比べてみるのも楽しみだ。

全体像。

f:id:hidsgo:20181014221612j:plain

ホイールとカプセル。支柱が片側からホイールを支えている。

f:id:hidsgo:20181014221637j:plain

カプセル。ガラス張り。

f:id:hidsgo:20181014221653j:plain

国会議事堂 (ウエストミンスター宮殿 The Palace of Westminster)、ビッグベン、その後ろにウエストミンスター寺院 (Westminster Abbey)。2011年4月29日ウイリアム王子とケイト妃がここで挙式した。また歴史上の有名人が眠り、最近 (2018年) ではホーキング博士がここに埋葬された。

f:id:hidsgo:20181014221706j:plain

バッキンガム・パレス (Buckingham Place; 中央)。

f:id:hidsgo:20181014221720j:plain

ウォータールー (Waterloo) 駅。当時は (2007年まで) ユーロスターターミナル駅だった。

f:id:hidsgo:20181014221737j:plain

 

チャリングクロス (Charing Cross) 駅。後方にBTタワー、右側にトッテナムコートロード駅近くのセンターポイント (Centre Point) ビルが見える。

f:id:hidsgo:20181014221758j:plain

大英博物館 (British Museum) 付近をズームして見る。大英博物館図書室 (British Museum Reading Room) の丸い屋根が中央に見える。右奥にはセントパンクラス (St. Pancras) 駅の一部が見える。この地域を私はよく知っており、つい詳細まで見入ってしまう。

f:id:hidsgo:20181014221813j:plain

セントポール寺院 (St. Paul’s Cathedral)。テムズ川の手前にオキソタワー (Oxo Tower)。右奥の高い建物はナットウエスト・タワー (NatWest Tower)。今確かめたら名称が変わって「タワー42」となったらしい。その右側、画像右端の工事中の骨組みだけの建物は、ガーキン (The Gherkin、2003年完成) と思う。

f:id:hidsgo:20181014221829j:plain

ロンドン・アイすぐ横の旧市庁舎。この写真を撮った頃までには、市庁舎はサザク (Southwark) に出来た新しい建物に移っていたようだ。ロンドン水族館はこの建物内にある。

f:id:hidsgo:20181014221845j:plain

 

以上、写真は2002年のもので、元原稿は社内記事用に2011年に書いた。だから2011年のロイヤルウエディングに言及している。こうやって写真を眺めていると、ロンドン愛が呼び起こされる。今のロンドンを見てみたい。ロンドン愛を呼び起こす London Eye、ダジャレすみません、でも本当にそうです。