hidsgo's archive

hidsgoの旧い記録

London

Wimbledon ウィンブルドン

MyLondon シリーズ 前記事にロンドン・マラソンがロンドンの春爛漫を告げる行事という旨を書いた。それになぞらえて言えば、ウィンブルドン (全英テニス選手権) はロンドンが一年で最も良い季節にあることを告げる行事だと思っている。 3月から4月にかけて段…

London Marathon ロンドン・マラソン

MyLondon シリーズ 2000年前後にロンドンに住んでいた時のロンドン・マラソンの写真とロンドン・マラソンというイベントについての思いを綴った記事で、現在の参加方法や体験談などの記事ではないので、悪しからず。 ロンドン・マラソンは4月半ばに開催され…

Russell Square ラッセル・スクエア (2)

MyLondon シリーズ 前記事は Russell Square ラッセル・スクエア。 hidsgo-archive.hatenablog.com 前記事に続いて、Russell Squareの周辺について。 Great Ormond Street Hospital for Children グレート・オーモンド通り小児病院 写真はクリスマスの飾り付…

Russell Square ラッセル・スクエア

MyLondon シリーズ Russell Square、ラッセル・スクエア。ロンドンのブルームズベリー (Bloomsbury) 地区、大英博物館 (The British Museum) の北東に位置する公園。周辺にはロンドン大学関係の建物が多い。ホテルやB&Bも多く、ラッセル・スクエア自体を目的…

Edward Elgar エドワード・エルガー

MyLondon シリーズ (2000年頃の写真をもとに2017年現在調べ直して書いてます) 42 Netherhall Gardens, NW3。英国の作曲家エルガー(Edward William Elgar; 1857年-1934年)(*1) が1911年から1921年まで居住したロンドンの家の場所。 銘板 (plaque) でエルガー…

Freud Museum フロイト博物館

MyLondon シリーズ (2000年頃の写真) ジークムント・フロイト (Sigmund Freud; 1856-1939) は82歳までウィーンで研究活動を行ったが、ナチスから逃れるため1938年に妻マルサ、娘アンナと共にロンドンに亡命し、この家で人生最後の1年余りを過ごした。現在こ…

Down House ダウン・ハウス ~ チャールズ・ダーウィンの家

MyLondon シリーズ チャールズ・ダーウィン (Charles Dawin) が後半生を過ごした家がロンドン南東部、Downe 村にある。「種の起源」もここで執筆された。現在は English Heritage により管理され公開されている。ロンドン中心部から電車とバスさらに徒歩で1…

Highgate Cemetery ハイゲイト墓地

MyLondon シリーズ お墓を見るのは好きだ。お墓にはその人の一生が凝縮されている。希望、喜び、悲しみ、業績、達成できなかったこと、言えなかった思い、悔しさ、、。それらを抱えて生きた人の一生に思いを馳せる。そして自分の有限の生を思う。また、海外…

British Library 大英図書館

MyLondon シリーズ 大英図書館。英国およびアイルランドで出版されるすべての出版物が納められることになっている。日本の国会図書館に相当する。しかし蔵書は古今東西におよび、目録数1億5千万以上でアメリカ議会図書館に次いで世界第2位である (1)。 ロン…

British Museum Reading Room 大英博物館図書室

MyLondon シリーズ 大英博物館図書室 。ロンドンを観光で訪れたら誰しも必ず行くであろう大英博物館 (British Museum)。その建物の中心にこの図書室 (Reading Room) は位置する。 Reading roomの壮観な眺め 内容を正確に訳すならば、大英博物館・旧図書室の…

Daunt Books ドーント書店

MyLondon シリーズ ドーント書店 (Daunt Books)、マーリボン(*1) (Marylebone) 店。地図・旅行ガイド・旅行記など旅関係の本中心の書店。独自のチョイスによる小説など一般書籍も置いていた と思う。ロンドン中心北西部、Marylebone High Street にある。19…

MyLondon

2000年頃ロンドンに滞在していた。その頃訪れた場所など、いくつか選んで記事にする。記事は以前社内SNSに掲載した記事をもとに再掲載する。 6年くらい前、会社で社内SNSというのが作られた。社員や場合によっては前社員が、仕事に関係あるなし関わらず、連…